BookmarkSubscribeRSS Feed

SAS管理コンソールでデータベースライブラリを定義する方法

Started ‎03-13-2018 by
Modified ‎04-19-2018 by
Views 1,369

質問

 

SAS管理コンソールにおいて、データベースライブラリを定義する方法を教えてください。

回答

SAS管理コンソール(以下、SMC)でデータベースライブラリを定義するには、次のような手順で作業します。

 

ここでは、SAS 9.4 TS1M5とOracleデータベースを例に記載します。

 

  1. Oracleデータベースに接続するユーザー定義
  2. Oracleデータベースサーバーの定義
  3. Oracleライブラリの定義
  4. Oracleテーブルのメタデータ登録

 

1.Oracleデータベースに接続するユーザー定義

   この例では、既存のユーザーにOracleデータベース用の認証ドメイン、OracleユーザIDを登録する手順となります。

 

1-1.ユーザーマネージャを右クリックし、[認証ドメイン]を選択し、[新規作成]ボタンからOracleデータベース用の認証ドメインを作成します。

名称 OracleAuth
説明 Oracle用認証ドメイン
Outboundのみ チェック有
Trustedのみ チェック無

 

 

1-2.ユーザーマネージャから、Oracleユーザを登録するユーザを右クリックし、プロパティを開きます。

 

1-3.[アカウント]タブに移り、[新規作成]ボタンを押下し、[新しいログインのプロパティ]ウィンドウで、Oracleデータベースの認証情報を定義します。

 

ユーザID sasora
パスワード saspw123
認証ドメイン OracleAuth

 

2.Oracleデータベースサーバーの定義

 

2-1.サーバーマネージャを右クリックし、[サーバの新規作成]を選択します。

 

2-2.[リソーステンプレート] -> [サーバー] -> [データベースサーバー]から、[Oracle サーバー]を選択し、[次へ]を押下します。

 

2-3.登録するOracleサーバーに任意の名称を入力し、[次へ]を押下します。

名称 Oracle DB 12c

 

2-4.サーバーのプロパティを入力します。(任意)

メジャーバージョン番号 12
マイナーバージョン番号 2
ソフトウェアバージョン 12.2.0.1
ベンダー Oracle Corporation
使用するマシン SASServer01

※必ず接続先のバージョンと合わせる必要はありません。

 

2-5.接続プロパティを設定し、[次へ]を押下します。

パス "SASORA"
認証の種類 ユーザー/パスワード
認証ドメイン OracleAuth


      
※パスには、Oracleデータベースへ接続する際に使用するパスと同じパスを指定します。
    例として、SASORAというOracle接続識別子を設定しています。
    LIBNAMEステートメントのPATH=オプションに相当します。

 

2-6.これまでに入力した情報が表示されます。設定内容が正しいことを確認し、[完了]を押下します。

 

 

3.Oracleライブラリの定義

 

3-1.[データ ライブラリ マネージャ] -> [ライブラリ]を右クリックし、[ライブラリの新規作成]を選択します。

 

3-2.[リソーステンプレート] -> [ライブラリ] -> [データベースデータ] -> [Oracle ライブラリ] を選択し、[次へ]を押下します。

 

3-3.名称へライブラリ名を入力、場所に保存先のSASフォルダを選択し、[次へ]を押下します。

名称 Oracle Library

 

3-4.ライブラリを割り当てるSASサーバを選択済みのサーバへ移動し、[次へ]を押下します。

 

3-5.ライブラリ参照名を入力し、[次へ]を押下します。

ライブラリ参照名 ORALIB

※ライブラリ参照名は、1~8文字、先頭文字は、英字のみ、残りの文字には英文字および数字を使用できます。

 

3-6.サーバーおよび接続情報を入力し、[次へ]を押下します。

データベースサーバー Oracle DB 12c
データベーススキーマ (任意)
接続 Connection: Oracle DB 12c
デフォルトログイン (任意)

 

上記2.で作成したOracleデータベースサーバーの情報を選択します。

データベーススキーマが、未指定の場合、接続するOracleユーザIDとなります。

 

3-7.これまで入力した情報が表示されるので、設定内容が正しいことを確認し、[完了]を押下します。

 

4.Oracleテーブルの登録

この作業は無制限ユーザー(sasadm)以外の権限を持ったユーザーで行なう必要があります。

 

4-1.[データ ライブラリ マネージャ] -> [ライブラリ] -> [上記3.で作成したOracleライブラリ]を右クリックし、[テーブルの登録]を選択します。

 

4-2.英数字以外のテーブル名、カラム名を使用する場合、[DBMS オブジェクト名で特殊文字を使用可能にする]をチェックし、[次へ]を押下します。

 

4-3.[テーブルの選択]ウィンドウで表示されるテーブルを選択、場所に保存先のSASフォルダを選択し、[次へ]を押下します。

 

4-4.登録されたテーブルの名称を確認し、[完了]を押下します。

 

以上で、Oracleデータベースライブラリの作成、テーブルの登録が完了です。

Version history
Last update:
‎04-19-2018 12:56 AM
Updated by:
Contributors

SAS INNOVATE 2024

Innovate_SAS_Blue.png

Registration is open! SAS is returning to Vegas for an AI and analytics experience like no other! Whether you're an executive, manager, end user or SAS partner, SAS Innovate is designed for everyone on your team. Register for just $495 by 12/31/2023.

If you are interested in speaking, there is still time to submit a session idea. More details are posted on the website. 

Register now!

Article Tags

SAS Support Communitiesのユーザーガイドライン


コミュニティの基本的なガイドラインについてご説明します。まずは、こちらをご参照ください。

詳細を読む

 

SAS Support CommunitiesのFAQ


SAS Support CommunitiesのFAQはヘルプに記載されています。参照方法は、こちらからご確認ください。

詳細を読む

 

質問や意見の投稿と返信方法について


Japan SAS Discussionページに質問や意見(メッセージ)を投稿/返信する方法を簡単にご説明します。

詳細を読む